【図解あり】暗号資産(仮想通貨)でできること、メリット・デメリットを解説!

仮想通貨が話題になっています。勉強してもよくわからないですよね。今回は誰でもわかるように、図解をつけて、暗号資産(仮想通貨)でできることを解説します。

悩んでいるネコ

・結局、仮想通貨で何ができるの?

管理人

要点を絞って、簡潔にお答えします。

\すでに知っている人は/

タップできるもくじ

暗号資産(仮想通貨)をざっくり説明!

🦊暗号資産(仮想通貨)=デジタル通貨の一種。
🦊普通のお金と同じように使える。
🦊暗号資産に代表されるのはビットコイン。

暗号資産(仮想通貨)はデジタル通貨の一種ですが、価値の保証がありません。つまり国家や会社が、お金の価値を守ってくれません。

円・ドル・ユーロ法定通貨国が価値を保証
Tポイント・SUICA・マイレージデジタル通貨(電子マネー)企業が価値を保証
ビットコイン・アルトコインデジタル通貨(仮想通貨)保証がない

仮想通貨は価値が増減するのが特徴です。
「投資に向いている」と言えます。

暗号資産(仮想通貨)でできること

暗号資産(仮想通貨)でできることは以下の通りです。
タップで気になる点を見れます。

できること❶投資
できること❷買い物
できること❸送金

それぞれ詳しく見ていきます!

できること❶投資

🦊仮想通貨利用の大半が投資
🦊仮想通貨取引所で円からビットコインイーサリアムなどに換えられる。
🦊安いところだと数百円から購入できる。

仮想通貨は価値の増減があるため、投資に向いています。安い時に買い、値上がりした時に売れば差額を得られます。

2021年の始めから投資していた人は価値が7倍近くになりました。

7倍になるって夢がありますね!

管理人

100万円が次の日に0円になる可能性もあります。
余裕資金で少しずつ始めましょう!

2021年10月、米国で初めてビットコイン先物ETFがニューヨーク証券取引所で取引開始されました。その影響でビットコインは、最高価格の約760万円を記録しました。

生活に支障のないように投資することをオススメします!

仮想通貨投資に向いているのはコインチェックです。
・ビットコインの取引所手数料が0円。
・取り扱いコインの数が多い。

・アプリが使いやすい
【投資初心者】コインチェックの口座開設を4ステップで解説【無料】

できること❷買い物(決済)

🦊仮想通貨の決済は電子マネーと同じように使える。
🦊NFTマーケットでNFTアートアイテムを購入できる。
🦊店舗で現物を買うこともできる。

仮想通貨を決済手段にする企業は増えています。仮想通貨投資で得たビットコインを円に換えず、ビットコインのまま使用できます。円に換金する手間が減り、入出金・送金手数料が不要で便利ですよね。

家電などのリアル商品の購入はビットコイン
NFTマーケットでアート・ゲームアイテムの購入はイーサリアムが主流です。

出典:ビックカメラ.com

ビットコイン対象店舗が今後増えそうですね♪

ビットコインの支払いに向いているのはbitFlyerです。
・投資分をそのまま買い物に使える。
・ビットコインが貯まるクレカを作れる
【クレカ無料】bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット・デメリットを解説!

できること❸送金

🦊仮想通貨の送金は法定通貨と同じようにできる。
🦊銀行と違い、時間を選ばず送金が早い。
🦊仮想通貨特有のリスクがあるため注意が必要。

仮想通貨は銀行を仲介しないため、手数料がかからない・時間がかからないなどのメリットがあります。ただ、仮想通貨ならではのデメリットもあります。

仮想通貨送金のメリット・デメリット
メリット
デメリット
  1. 手数料が安い
    (送金が0円の取引所もある)
  2. 着金が早い
  3. 24時間/365日送金できる
  4. 海外送金の手続きもカンタン
  1. 価格変動がある
  2. 取引所の破綻リスク
  3. ハッキングリスク
  4. 詐欺のリスク

🦊【仮想通貨の送金】メリット
①《手数料が安い◎》
→銀行の海外送金なら2,500~7,000円程。

②《着金が早い◎》
→銀行は2営業日〜1週間程かかる。

③《24時間/365日送金できる◎》
→銀行窓口は土日祝不可。

④《海外送金の手続きもカンタン◎》
→銀行は煩雑な手続き・待ち時間がない。

🦊【仮想通貨の送金】デメリット
①《価格変動がある》
対策→長期保有は避ける。

②《取引所破綻リスク》
対策→複数の取引所に資産を分散。

③《ハッキングリスク》
対策→信頼できる取引所で開設する。

④《詐欺のリスク》
対策→正しい送り先か何度も確認する。

管理人

NFTのやりとりのおすすめはGMOコインです。
・入出金・送金手数料が0円。
・運営母体が東証一部上場で安心です。

GMOコインの口座開設4ステップ【所要時間8分】

送金事例①留学した子供への送金

🦊銀行では煩雑な手続きや手数料(2,500〜7,000円ほど)がかかっていた。
→仮想通貨は無料で送金できる

《例》
あなたの娘が留学し、毎月10万円仕送りしたい。

あなた:日本の仮想通貨取引所で口座を作る。
送金先の娘:Binance(バイナンス)で口座を作る。

あなたから娘にビットコインを送金。

娘はビットコインを現地の通貨に交換。

送金事例②少額の寄付

出典:ユニセフ仮想通貨ファンド(UNICEF Cryptocurrency Fund)

🦊少しの寄付・投げ銭とも相性がいい◎
→銀行では500円の寄付に165円〜220円ほどかかっていた。

🦊ブロックチェーンで資金の流れが透明。
→『いつ・誰が・誰に・いくら』などの情報が公になる。

資金の流れが客観的にわかる(中抜きされない)/

STEP
《メタマスク》をインストール
STEP
《メタマスク》にビットコインやイーサリアムを送金
STEP
NFTなら《OpenSea》でアカウントを開設

HIKAKINさんに学ぶ先行者優位

出典:HIKAKIN TV

いきなりですが、HIKAKINさんがいち早くYoutube参入したのを知った時、あなたは何を思いましたか?

あの時、
わたし(俺)も
始めていれば…

と、思ったのではないでしょうか。
(私は思いました笑)

始める人にしかチャンスは来ません。
時代の波がきている今、一緒に仮想通貨を楽しみましょう♪

管理人

始めていない人はまずは一歩目を踏み出しましょう♪

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
タップできるもくじ
閉じる