仮想通貨の税金はいくら?計算方法・費用を抑える取引所について解説!

NFTアートの購入/販売/再販などの仮想通貨の取引による税金がかかる人は多いです。あなたは税金を払わなければならない人ではありませんか?今回は仮想通貨の税金について解説します。

・仮想通貨の税金はいくらかかる?
・計算方法は?
・費用を抑えるには?

管理人

このような悩みにお答えします。

\この記事でわかること/

NFTアート取引などで確定申告が必要な人
所得税の金額計算
費用を抑える取引所

タップできるもくじ

仮想通貨の税金とは?

🦊仮想通貨で一定の利益をあげると税金がかかる→確定申告が必要。

🦊基本的に仮想通貨売買の利益は【雑所得】
※所得は10種類。給与所得/不動産所得/事業所得/配当所得/退職所得/利子所得/譲渡所得/山林所得/一時所得/雑所得

🦊会社員は会社が税金計算をしてくれる→年末調整
→但し、下記に当てはまる人は確定申告が必要。

確定申告が必要な人

  • 給与の年間収入が2,000万円超
  • 給与・退職金以外に年間20万円以上の所得がある人
  • 学生や主婦など扶養に入っていて33万円以上の利益が出た人
  • 2カ所以上(アルバイト等)から給与をもらい、主な給与以外から年間20万円以上の所得がある
  • その他、源泉徴収のない所得がある
管理人

大抵、二点目で確定申告が必要になります。

仮想通貨取引で利益が20万円以上になる人は確定申告が必要です。

所得税の税率

スクロールできます
課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円〜330万円以下10%97,500円
330万円〜695万円以下20%427,500円
695万円〜900万円以下23%636,000円
900万円〜1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円〜4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円〜45%4,796,000円

課税所得金額が300万円の場合

・税率:10%
・控除額:97,500円
・所得税額:300万×0.10ー97,500 = 202,500円

課税所得金額が500万円の場合

・税率:20%
・控除額:427,500円
・所得税額:500万×0.20ー427,500 = 572,500円

課税所得金額が1,000万円の場合

・税率:33%
・控除額:1,536,000円
・所得税額:1,000万×0.33ー1,536,000 = 1,764,000円

(参考)国税庁-所得税の税率

(裏話)

税率20%からどうして23%になるの?
バランス良く25%じゃないの?

管理人

誰がお得になるように設計されているか考えるとゴホゴホ

仮想通貨の利益確定のタイミング

  1. 仮想通貨を売って法定通貨(円・ドル・元など)を得る
  2. 仮想通貨で通貨と交換する時
  3. 仮想通貨で商品と交換する時

❶仮想通貨を売って法定通貨(円・ドル・元など)を得る時

売却

全て売却する場合

{(売却価格)×(売却数)}ー{(購入価格)×(購入数)} =所得金額

(例)1BTCを100万円で購入→200万円で売却した場合

200万円×1BTCー100万円×1BTC=1,000,000円

管理人

非常にシンプルな例です!

追加購入→一部を売却する場合

(例)1BTCを100万円で購入、
   1BTCを150万円で3BTC購入、
   2BTCを200万円で売却した場合

a.まず購入分の平均値を求めます。

(100万円×1BTC+150万円×3BTC)÷(1BTC+3BTC)=137万5千円

b.次に売却利益を計算します。

200万円×2BTCー137万5千円×2BTC=125万5千円

少し難しくなりましたね…

売買を繰り返した時(移動平均法総平均法

  • 1月:1BTCを100万円で2BTC購入
  • 3月:1BTCを130万円で1BTC売却
  • 6月:1BTCを150万円で3BTC購入
  • 12月:1BTCを200万円で2BTCで売却

a.移動平均法:仮想通貨の購入の都度、取得価額を算出する方法

  • 1月時点の平均単価:100万円
  • 3月時点の利益:(130万円×1BTC)ー(100万円×1BTC)=30万円
  • 6月時点の平均単価:(100万円×1BTC)+(150万円×3BTC)÷(1BTC+3BTC)=137.5万円
  • 12月利益:(200万円×2BTC)ー(137.5万円×2BTC)=125万円

一年間の利益は30万円+125万円=155万円となります。


b.総平均法:基準期間全体の購入金額合計を購入数量合計で除して算出する方法

  • 1月と6月の平均単価:(100万円×2BTC)+(150万円×3BTC)÷(2BTC+3BTC)=130万円
  • 一年間の利益:(130万円×1BTC+200万円×2BTC)ー(130万円×3BTC)=140万円

一年間の利益は140万円となります。

管理人

このように金額が変わります。
移動平均法:正確な数字が出る代わりに手間がかかる。
総平均法:手間がかからない代わりに不正確。

どちらを採用するかは慎重に決めましょう。
税理士との相談をおすすめします。

❷仮想通貨で通貨と交換する時

通貨と交換

(交換先通貨の購入価格)ー(交換前通貨の購入単価×数量)=所得金額

(例)1BTCを100万円で1BTC購入し、
0.8BTCで80万円のイーサリアムを2ETH購入した場合

(80万円×2ETH)ー(100万円×0.8BTC)=80万円

管理人

頻繁にある計算です!

❸仮想通貨で商品と交換する時

商品と交換

(商品価格)ー(1BTCあたりの購入価格×数量)=所得金額

(例)1BTCを100万円で2BTC購入し、
0.5BTCで100万円のパソコンを買った時(高級パソコン笑)

100万円ー{(200万円÷2)×0.5}=50万円

管理人

商品交換でも利益が出た場合は申告要です!

費用を抑えるには

管理人

税金より、手数料を考慮しましょう。

🦊金融税制で有利な変更がない限り、税金は一定額かかる。
🦊細かい節税より、仮想通貨の取引手数料を抑える方が現実的かつ効率的。

管理人

計算が面倒な場合は、
完全無料で面倒な仮想通貨の損益計算を全自動で行える【CRYPTACT(クリプタクト)】がおすすめです。

税理士も利用する、利用者No1の税金計算サービスです。
業界で唯一、損益計算のロジックを全て開示しており、
最新の租税法にも対応しています。

まずはデモ体験!
完全無料の仮想通貨税金計算サービス【CRYPTACT(クリプタクト)】

まとめ

管理人

仮想通貨の確定申告がかかる人・計算方法について解説しました。

🦊仮想通貨で一定の利益をあげると税金がかかる→確定申告が必要。

🦊基本的に仮想通貨売買の利益は【雑所得】

🦊会社員は会社で税金計算をしてくれるので給与分は計算不要。

但し、下記に当てはまる人は確定申告が必要。

\確定申告が必要な人/

  • 給与の年間収入が2,000万円超
  • 給与・退職金以外に年間20万円以上の所得がある人
  • 学生や主婦など扶養に入っていて33万円以上の利益が出た人
  • 2カ所以上(アルバイト等)から給与をもらい、主な給与以外から年間20万円以上の所得がある
  • その他、源泉徴収のない所得がある

仮想通貨の利益確定のタイミング

  1. 仮想通貨を売って法定通貨(円・ドル・元など)を得る時
  2. 仮想通貨で通貨と交換する時
  3. 仮想通貨で商品と交換する時
管理人

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
タップできるもくじ
閉じる