【OpenSea】NFTで売れるものは?何でも出品できる【実例あり】

OpenSea以外にもNFTマーケットプレイスはあります。
今回は誰でもわかるようにOpenSeaについて解説します。

・OpenSeaとは?
・出品例も知りたい!

管理人

要点を絞って、簡潔にお答えします。

そもそもNFTとは?という方は以下の記事をご覧ください。

NFTが誰でも誤解なくわかるように書いています。

タップできるもくじ

OpenSeaは世界最大級のNFTマーケットプレイス

創業2017年
月間ユーザー数約22万人
月間販売金額約3,650億円
年間取引量約2兆7,000億円(2021年)
※2021年8月時点の数値

取扱通貨:イーサリアム、ポリゴン、クレイトン、テゾス他

🦊OpenSea世界最大のNFTマーケットプレイス。
🦊出品審査がなく、誰でもカンタンにNFTアートを始められるのが特徴。

大手ブランド著名人もOpenSeaで多数出品しています。(例:コカ・コーラ、Givenchy、西野亮廣さん、村上隆さんほか。

管理人

NFTマーケットといえばOpenSeaと思って大丈夫です。

こちらからご覧いただけます。
OpenSea公式サイト

OpenSea作品例

OpenSeaにはたくさんのNFTカテゴリーがあります。

  • Art(アート)
  • Collectibles(コレクティブル=蒐集品)
  • Domain Names(ドメイン名)
  • Music(音楽)
  • Photography(写真)
  • Sports(スポーツ)
  • Trading Cards(カード)
  • Utility(ユーティリティ)
  • Virtual Worlds(バーチャル)

この中でも取引量が多い、アートコレクティブルをご紹介します。

Art(アート)

最も出品されているコンテンツがアートです。
作品を見てみましょう。

Good Morning Cafe

Good Morning Caféシリーズを展開している海外NFTアーティストのBen Colefaxさんの作品です。

ポップな可愛いアートで人気です。最高値で13.88ETH=約500万円で取引されました。

こちらから確認できます。
OpenSea-Good Morning Cafe

The Beeings

シンプルでユルいアート作品です。NFT作品はブランド化のため、デザインが似ている場合が多いです。

こちらは6.66ETH=約40万円で取引された実績があります。

こちらから確認できます。
OpenSea-The Beeings

Zombie Zoo

小学生が描いた絵に380万円の価値がついたことで話題になりました。
なぜ、小学3年生の夏休みの自由研究に380万円の価値がついたのか

小学生が描いた絵でも価値が生まれる可能性はあります。

こちらから確認できます。
OpenSea-Zombie Zoo

どんな絵でも大丈夫なんですね

管理人

OpenSeaの規則に則っていればどんな絵でも構いません。

Collectibles(蒐集品=コレクティブル)

Cryptopunks(クリプトパンクス)はNFTで一番有名なコレクションです。
世界初のNFTアートと言われています。

こちらから確認できます。
OpenSea-CryptoPunks

管理人

約8億円で取引されたNFTもあります。

詳しくは以下の記事で紹介しています。

Bored Ape Yacht Club(ボアード・エイプ・ヨット・クラブ)はCryptopunksと並ぶ人気のNFTです。

著名人・スポーツスター選手が購入したことで話題になりました。

こちらから確認できます。
OpenSea-Bored Ape Yacht Club

詳しくは以下で解説しています。

大手スポーツメーカーのアディダスも購入したことでBAYCは一躍有名になりました。

管理人

公式でメタバースへの参入を発表。
リアル商品と絡めたキャンペーンを実施しました。

Photography(写真)

動物・昆虫・風景・人物などの写真が販売されています。
アート同様、収益化が困難だったフォトグラフィーのNFTです。

前澤友作さんが宇宙空間で撮影した写真のNFT化は世界初のことで話題になりました。

前澤さんの写真NFTは販売には至っていませんが、宇宙の写真も増えていく可能性は大いにあります。

Heaven in my lens

インドのフォトグラファーのNFTです。
これらの写真は一枚につき0.15ETH=約4.5万円で取引されています。

こちらから確認できます。
OpenSea-Heaven in my lens

ポストカード販売と相性が良さそうですね。

Where My Vans Go

Driftershootsさん自ら高所に立って撮影されたNFTです。

主に都市の高所で撮影されています。29.69ETH=約930万円です。

こちらから確認できます。
OpenSea-Where My Vans Go

Trading cards(カード)

カードは特にNFTと相性がいいと言われているのです。
偽物が出回りづらいシステムのため複製の心配がなくなりました。

汚れの劣化がなくプレイとしてもコレクションとしても人気です。

Sorare

Sorareはサッカーのブロックチェーンゲームです。

世界140以上のチームと連携していて、現実の試合でゲーム結果が変わります。

こちらから確認できます。
OpenSea-Sorare

VenusScramble

VenusScrambleはLive2Dで表現されたキャラクターで戦うブロックチェーンRPGゲームです。

左上のカードは3ETH=約90万円で取引されました。

こちらから確認できます。
OpenSea-VenusScramble

管理人

このようにゲームと関連したNFTがたくさんあります!

NFTは誰でも始められる

  • GMOコインで口座開設(0円)
  • メタマスクをインストール(0円)
  • GMOコインからメタマスクへ送金(0円)
  • OpenSeaの登録/売買
  • Aタイプ
    →初めから本格的に始めたい人向け(有料)
  • Bタイプ
    →少しずつ試してみたい人向け(0円)

他社で口座解説したあなたへ

管理人

メタマスクへの送金で、
2,000円弱かかっていませんか?

GMOコインは送金手数料0円です。
NFTアートを続けるなら移転をオススメします。

【手数料0円】こちらから登録できます。
GMOコイン公式サイト

OpenSeaのガス代は確認できる

ガス代とはイーサリアムネットワークを利用したときの手数料です。
OpenSeaは基本的にイーサリアムチェーンを利用しているためガス代(手数料)が発生します。
※ポリゴンチェーンの場合はガス代はかかりません。

管理人

イーサリアムチェーンの需要によりガス代は変動します。
Gweiと呼ばれる単位で管理されていますが覚えなくていいです。

需要が高いときにガス代は
「高く」なり、
需要が低いときにガス代は

「安く」なる。
とだけ覚えてください。

出品のガス代は約1〜3万円。
初回のみで2回目以降は無料。

ガス代は数分待つだけで5千円下がることもザラです。ただ逆もしかり。

ガス代は定額ではないんですね。

初出品おすすめ戦略
❶OpenSeaの出品画面まで進む
(ここでガス代がわかる)
❷出品画面でガス代を毎日確認
❸安い日に出品する

ガス代さえ確認ができれば不安はなくなります。
以下の記事で詳しく解説しています。

ガス代を確認すれば格安で出品できます!

ガス代なしの出品もできるが…?

ポリゴンで出品することでイーサリアム不要で出品可能です。

しかしポリゴンならではのデメリットもあるため注意が必要です。

以下の記事でイーサリアムとポリゴンの比較をしているのでご覧ください。

それぞれ理解した上で出品に移りましょう♪

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
タップできるもくじ
閉じる